Home  /  お祭り  /  春の楽しみ  /  地域の春祭り・太々神楽

地域の春祭り・太々神楽

毎年4月から5月にかけて、町の各地域では一年の無事と豊作を祈るお祭りが行われます。中でも伝統の「太々神楽」を受け継いでいるのが、川原湯神社と林の王城山神社、与喜屋の養蚕神社です。


川原湯神社はダム建設によって神社が移転され、神楽も新築の神楽殿で行われます。古式ゆかしい舞が奉納され、キツネやひょっとこが登場する楽しい余興も。日本武尊を祀る王城山神社ではゆるやかなテンポの里神楽が繰り広げられ、おごそかな雰囲気に包まれます。県外からも多くの人が訪れるのは、地元で「荒神さん」と呼ばれる与喜屋 養蚕神社の春祭り。吾妻町岩下の菅原神社から伝授された「御嶽流岩戸神楽」とともに、繭玉の形をした子ども神輿、鍛冶や籠・苗などが並ぶ市も賑やかに行われます。

 

スケジュール
48日 川原湯神社春祭り
55日 王城山神社春祭り神楽
515日 与喜屋養蚕神社例大祭